カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

サンフーズについて

サンフーズについて

広島の風土が育んだ広島の味をおとどけするために ご家庭でプロの広島風お好み焼きが作れる!
創業時のエピソード
創業時のエピソード 大正13年に広島市東吉島町にてソースの製造販売を創業したミツワソース商会(後のミツワ食品株式会社)と大正5年に広島市新市町にて食酢の醸造と販売を創業した中東商店とが昭和48年に合併しサンフーズ株式会社が誕生しました。
昭和20年の原子爆弾投下により両社共大きな被害を蒙りましたが昭和30年にはお好みソースの製造に着手、合併後の50年代からは全国各地の百貨店で開催される物産展に出展し広島名物お好み焼の普及を目指して参りました。
写真は昭和30年当時のミツワ食品株式会社です。
お好みソースの誕生秘話
お好みソースの誕生秘話 お好み焼きのルーツである「一銭洋食」。
初期の一銭洋食にはウスターソースが使用されていました。
ウスターソースは一銭洋食にしみ込み、スパイシーで酸味が強かったため、「まろやかで一銭洋食になじむソースが欲しい」との要望をいただきました。
そこで、元々あったとんかつソースをベースに酸度と塩分を落として、糖度を上げた「お好みソース」の原形が昭和40年代に誕生したのです。
しかし、初期のお好みソースには「賞味期限が短い」という課題がありました。保存料の役目をする酸度と塩分が少なかったからです。ソースが発酵することも珍しくありませんでした。当時は保存が短く、全国へ出荷できなかったのも、お好みソースが「広島」独特のものである理由のひとつだったのです。
現在では、保存期間が技術改良され、全国に流通する商品になったのです。
お好み焼きソースとして全国の店舗さまに親しまれるソースに
お好み焼きソースとして全国の店舗さまに親しまれるソースに お好み焼きの発展とともに歩んできたミツワお好みソース。
お好み焼き専門店様の厳しいご意見をいただきながら開発を続けてきました。原材料に多くのものを使わず、一つ一つ厳選して選び抜かれた上質な材料をシンプルに使い、素材の味を活かすお好み焼きソースは多くの店舗さまから支持され、広島の地で普及してまいりました。

そして昭和60年代、広島市の観光課で「広島のお好み焼きを全国へ広める」という活動がありました。
お好み村初代村長の古田氏と一緒に、全国各地でお好み焼きの実演販売を行い、地域の方々と対面しながらお好み焼きを普及させていったのです。

このような背景から、広島の観光名所「お好み村」専用ソースとして、さらに広島名産品として広島ブランドにも認定される商品になるに至ったのです。
広島の味を全国へ、そして海外へ。
広島の味を全国へ、そして海外へ。 弊社のミツワお好みソースは「お好み村」の老舗26店舗様を始め、全国の多くのお好み焼き店舗様にご利用いいただいております。

現在、新たな取り組みとして海外へ弊社製品の普及を目指し、現地での実演販売を通じて数々の企業様とお取引させていただいております。

伝統を活かしながら、これからも発展する広島の風土とともに、お客様へ最高の商品をお届けします。
会社概要
サンフーズ株式会社外観
名 称
サンフーズ株式会社
所在地
広島市南区出島1丁目26-1
電 話
(082)250-2511
FAX
(082)250-2512
創 業
1916年(大正5年)4月
資本金
2,000万円

ご利用に関するご案内

ページトップへ